スモークバスターNシリーズ
  1. スモークバスター ホーム
  2. スモークバスターNシリーズ
  3. NOx・PM法について

NOx・PM法について

ディーゼル車規制に関する関連項目

NOx・PM法について

自動車から排出される窒素酸化物及び粒子状物質の特定地域における総量の削減等に関する特別措置法

1992年6月3日法律第70号、最近改正:2001年6月19日、

略称:自動車NOx・PM法(じどうしゃNOx・PMほう)は、 自動車から排出される窒素酸化物及び 粒子状物質の抑制のため大気汚染防止法の特別措置法である。

制定の背景

この法律は、ディーゼル自動車から排出される窒素酸化物(NOx)を抑制することを目的に、1992年に
関東地方と関西地方の大都市圏を対象に制定された「自動車NOx法」が元になっている。その後、
自動車の交通量の増加や、粒子状物質(PM)が発がん性のおそれがあるという研究などによって、
この 法律が改正され、自動車NOx・PM法となった。

この改正によって、規制対象物質としてPMが加えられ、対象地域として中京地方が追加された。

対象地域

  • 関東地方:埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県の各都県の一部
  • 関西地方:大阪府、兵庫県の両府県の半数以上の市町
  • 中京地方:愛知県、三重県の両県の半数以上の市町

内容

トラック・バス(ディーゼル車、ガソリン車、LPG車)及びディーゼル乗用車並びにこれらをベースにした 特種用途自動車が対象となる。

NOx・PMともに排ガスの基準値が定められ、これに適合しない車は、 順次、対象地域内に使用の本拠を 置くこと(車検を通すこと)ができなくなる(車種規制)。

なお、自動車 NOx・PM法に基づく車種規制では対象地域外に使用の本拠のある車が対象地域内に流入 してくることを 阻止することが出来ず大気環境の改善効果が期待できないとして、関東地方の一都三県 (埼玉県、千葉県、 東京都、神奈川県)の全域及び兵庫県の一部地域については各都県の条例により基準 に適合しない車の走行 が禁止されている(運行規制)。

所轄官庁

環境省・国土交通省