スモークバスターNシリーズ
  1. スモークバスター ホーム
  2. スモークバスターNシリーズ
  3. Q&A(よくあるご質問)

Q&A(よくあるご質問)

Q1:自動車NOx・PM法が作られた背景は?

大都市地域における窒素酸化物(NOx)による大気汚染は依然として深刻な状況が続いており、 過去、工場等に対する規制や自動車排出ガス規制の強化に加え、自動車NOx法(平成4年)に 基づき特別の排出基準を定めての規制(車種規制)を実施してきましたが、自動車交通量等の 増大により、対策の目標としてきた二酸化窒素に係る大気環境基準をおおむね達成する事が 困難な状況です。

一方、浮遊粒子状物質による大気汚染も大都市地域を中心に環境基準の達成が困難な状況にあり、 特に、近年、ディーゼル車から排出される粒子状物質(PM)については、発がん性の恐れを含む 国民の健康への悪影響が懸念されています。

このため、窒素酸化物に対する従来の対策を強化 するとともに、自動車交通から生じる粒子状物 質の削減を図るため新たな対策を早急に講じる事 が求められました。

こうした背景の下に、平成13年6月に自動車NOx法の改正による 自動車NOx・PM法が成立しました。

Q2:車種規制とは?

車種規制とは、自動車NOx・PM法の窒素酸化物(NOx)及び粒子状物質(PM)対策地域に 指定された地域内において、トラックやバス等及びディーゼル乗用車に関して特別の基準を設け、 これに適合する排出量のより少ない(環境にやさしい)車を使っていただくための規制です。

この規制は、対策地域に使用の本拠を置く車(新車、使用過程車)について適用されます。

Q3:車種規制が適用される地域は?

全国47都道府県のうち、東京都(51市区町)・埼玉県(61市町村)・千葉県(18市町)・ 神奈川県(26市町) ・愛知県(61市町村)・三重県(8市町)・大阪府(18市町)・兵庫県 (13市町)、の8都府県が指定されています。

※ 兵庫県の対策地域:尼崎市・川西市・伊丹市・宝塚市・西宮市・芦屋市・神戸市・明石市・ 加古郡播磨町・  加古川市・高砂市・姫路市・揖保郡太子町 の11市2町

Q4:車種規制の対象となる車は?

  
ナンバー 車種 ナンバープレートの分類番号
1 普通貨物車 10~19、100~198
2 普通乗用車(定員11人以上) 20~29、200~298
4または6 小型貨物車 40~49、400~479
60~69、600~698
8 特種用途自動車 80~89、800~879

補足:車両の定義

普通貨物車

全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下であれば、小型自動車の枠に該当し、4ナンバー貨物になる。

車両総重量8t以上、最大積載量5t以上の大型車になるとナンバープレートが大板となり、大型免許が必要になる。

普通乗用車(定員11人以上)

普通自動車で乗車定員11人以上のクルマ(バス)が2ナンバーになる。ハイエースなどの1BOX車でも定員が 11人以上になると2ナンバーになる。

乗車定員が30人を超える(大型バス)と、ナンバープレートが大板になる。乗車定員が11人を超すため運転 するには大型免許が必要で車検は1年毎となる。マイクロバスの場合、中板であるが、大型免許証が必要である。

いわゆる三輪車は、排気量50cc以上であれば普通自動車扱いとなり、5ナンバーである。高速道路での法定速度は 80km/hまでとなる。ちなみにサイドカーであっても車検証に定められた乗車定員で走行しても構わない。

小型貨物車

小型自動車のサイズは全長4.7m以下、全幅1.7m以下、全高2.0m以下、総排気量2,000cc以下 (ディーゼル車は無制限)。このうちの貨物用途のクルマ(トラック)が4ナンバーになり、この条件を一つでも 超えると1ナンバーとなる。

最大積載量が2t以下でも、寸法が小型車のサイズに当てはまらなかったり、排気量が 2000ccを超えるガソリン車は 中型トラックの扱いになるため、例えばトヨタのRV車「ランドクルーザー」は 1ナンバーであり、有料道路では 中型車料金を取られる。 小型貨物車は実際にはライトバンから2tトラックまで 幅広い車種が存在する。

ライトバンの中に、外観は同じでも5ナンバーのクルマもあるが、これらは用途が乗用となっておりワゴン車と 呼んでいる。4ナンバーで貨物扱いとなる場合はリアバンパーに必ず「最大積載量」が表示されている。ワゴン系 の車が貨物車になるか乗用車になるかの基準は、後部座席よりもトランクのほうが狭ければ乗用車、トランクの ほうが広ければ貨物車となるようだ。

特種用途自動車

パトカー・消防車・教習車・コンクリートミキサー車など特種用途のクルマは8ナンバーになる。 他に道路維持作業用自動車、医療防疫用自動車、寝台自動車、放送宣伝用自動車、霊柩自動車、冷蔵冷凍自動車、 護送自動車、タンク自動車、散水自動車、工作自動車、架線修理自動車、起重機自動車、移動郵便自動車、移動無線車、 ふん尿自動車、路上試験用自動車、キャンピング自動車、クレーン用台車などがある。

車検は2年毎(タンクローリー 、コンクリートミキサー、教習所トラックなどは毎年車検)で多くの距離を走らない という理由で自動車税、 重量税、任意保険が安く設定されている。これを利用して一般ユーザが自分のクルマを改造し、 8ナンバーで車検を通した後に装備を外して使用するということがあるが、これは問題がある。

Q5:排出規準を満たしていない車はどうなるの? また、猶予期間とは?

排出規準を満たしていない車のうち、新車については、平成14年10月1日以降は対策地域内で登録できず、また、使用 過程車は平成15年10月1日以降、 車種及び初度登録から起算した所定の猶予期間を過ぎると、以後、対策地域内では 継続検査が受けられなくなります。

ちなみに、車種別の猶予期間は次の通りです。

車種 猶予期間
小型貨物車 初度登録から8年
大型貨物車 9年
大型バス 12年
マイクロバス 10年
車種 猶予期間
特種自動車 初度登録から10年
ディーゼル乗用車
(車検期間1年)
9年
ディーゼル乗用車
(車検期間2年)
9年

Q6:中古車の扱いは?

中古車についても車種規制は適用されますので注意を要します。

もし、あなたが中古車を購入した 場合の猶予期間は、その車の初度登録の年月日から起算します。対策地域内で転居 または転売した場合も同様です。

また、平成14年10月1日以降に対策地域外で新車として登録され、かつ排出基準を満たしていない 車については、対策地域外から対策地域内に転居又は転売することはできません。

Q7:車検証のどこを見ればいいの?

あなたが所有する車の、「ナンバープレートの分類番号」「初度登録年月」「車種」「型式の識別番号」 「車両総重量」「燃料の種類」「使用の本拠の位置」などを見るとともに、平成14年8月1日以降の 車検時に、車検証の備考欄に 「排出規準への適否」「使用可能最終日」などが打ち出されています ので確認してください。